レクリエ日記(仮)

こどもが大好きで、こどもと遊ぶことを通して彼らの「生きていく強さ」を育てたい『こども王子/こどもの笑顔クリエイター』、 「ベジ」こと浅野暁彦のブログです。

愛想笑いは装える。でも、愛と笑いがあふれる、そんな寄る辺もきっとある。

目の前に泣いている人がいると悲しくなる
大好きな人を虐げた奴を許したくなくなる
俺の大切な人をよくも泣かせやがったなと

 

「世界」以外に名前も顔も体温すらもない
欠片も優しくない「誰か」に復讐をせんと
湧いて沸いた殺意とそれに塗れてしまった
欠片も優しくない自分の息を殺すのに必死

 

とか、そんなの全然笑えない話でしかなく
そしてそんな時は言うまでもなく笑えない

 

あまりにもわがままでこどものままでいて
ぼくは自分のきもちをうまく説明できない

 

奇跡も、魔法もあることを知っているけど
今この世界を救ってみせることができない

 

ぼくはまだ全然ヒーローになれてないけど
何度も何度でも底からすくいあげてくれる
「本物」にいつかなりたいとは思っていて

 

誰もが誰かのヒーローになれるってことを
あなたがヒーローたり得ることを知ってる

 

今朝ひとりで目が覚めた時降りてきた言葉

 

 

 

「あなたは自分のしあわせを、誰かの笑顔の中に見る」

 

 

 

それは、「ほんとうのこと」なのだと思う

 


底の方にかろうじて残ったほんとうの心を
激情に駆られ、刈られてしまうのではなく

 

苦しみに拐われてしまうのでなく
憎しみに囚われてしまうのでなく

 

悲しみに濡れたままでなく
慈しみに触れたままで泣く方が

 

そしてそれが

 

自分が誰かを笑顔にすることができ
確かに届いたという手応えを感じた
嬉しさからの涙であったらその方が

 

もしかしたら

 

あるいは

 

たぶん

 

でも

 

きっと、いいと思う