レクリエ日記(仮)

こどもが大好きで、こどもと遊ぶことを通して彼らの「生きていく強さ」を育てたい『こども王子/こどもの笑顔クリエイター』、 「ベジ」こと浅野暁彦のブログです。

三つ子の魂、あくまで。

「男は永遠の3歳児である」とかって言葉があるけど、

 

(今この瞬間だけ)レペゼン男として言わせてもらうと、

 

『なめんじゃねえ』って思います。

(๑ÒㅅÓ)ノ

 

それってだいたい女性側からの視点で、

 

どうでもいいことにこだわったり、くだらないことばかりやったり、

 

要は「いつまでたっても幼稚な男」が多いことを指してそう言ってると思うんだけど。

 

 

 

まあ、実際そうなんだけどさ。

( •̀ㅂ•́)و

 

(あれっ)

 

 

 

ただね、

 

それ個々の女性側の主観で見てて、

 

「世話を焼かされる」「尻拭いをさせられる」みたいなデメリットありきの視点で見たものいいだけど、

 

ぼくからすると、

 

「そう言う女性陣、あなたたちは【じぶんの中のこども】を、【3歳児マインド】を、どこに置いてきたんだよ?」

 

って言いたいの。

 

「なに【ママ】に完全変態(メタモルフォーゼ)しちゃってんの?」、

 

「いつからまんまの【オトナ】になっちゃったわけ?」って。

 

 

 

【目の前のことに全力投球マインド】

 

【全方位フロンティアスピリット】

 

とかに言い換えたらいいかな?

 

 

 

どうしてもぼくは、

 

社会人である前に、ひとりの成人男性

 

である前に、こどもが成長して大きくなった人

 

である前に、人間

 

である前に、地球に住んでいるいち動物

 

っていうように

 

「より大きなくくり/より本質的な捉え方」をすっぱり捨て置いたままではいられない人で、

 

「いかに自然に近いか、いち動物としてどうか」

 

ってことはたいせつにしたいと思っていて。

 

んで、

 

それでいうと

 

【3歳児マインド】って、いち動物としてド正解だと思うのですよ。

 

「なぜ山に登るのか?そこに山があるから。」とか。

 

ライト兄弟とかさ。

 

ヒトって空飛べないいきものなのに、

 

「空飛びたい!」つって、飛行機作って空飛んじゃうんだよ。

 

すごいよ。

 

そこにシビれる、憧れる人種です、ぼくはね。

 

だからさあ、

 

やっぱ視点の問題なんだよねえ。

 

ものごとには両面あるから。

 

ネガがあったらその裏はポジもちゃんとあるから。

 

ジャッジ、はいまだにぼくもすることもちろんあるけど、

 

みんなジャッジして終わり、

 

言ってみりゃ「断罪」で止まっちゃうこと。

 

その「ディスコネクション状態」にはいちいち異を唱えたいって思ってます。

 

のでオチも考えずに唱えちまいました。

 

すみません。

 

(これもおいおい加筆修正するかな)