レクリエ日記(仮)

こどもが大好きで、こどもと遊ぶことを通して彼らの「生きていく強さ」を育てたい『こども王子/こどもの笑顔クリエイター』、 「ベジ」こと浅野暁彦のブログです。

君の手を離さぬように

前日夜に依頼があり、ママさんのピンチヒッターでのベジーシッターだった。

 

https://www.instagram.com/p/BvRLohtjdjS/

本日 #ベジーシッター かつ、宇宙元旦らしいので装いが冬バージョンから正装へ(๑ÒㅅÓ)ノ#冬用 #半パン から #春夏秋用 #ショッキングピンク #半パン へ#こども王子 #こどもの笑顔クリエイター #ベジ

 

こどもは、ぼくのことを「ベジちゃん」と呼ぶ5歳と3歳のやんちゃ姉弟

 

桜木町駅で待ち合わせ。

 

ぼくは基本的に近所の公園とか児童館行って遊ぶことが多いんだけど。

 (お金をかける必要はなくて、ぼくもこどももその時いる場所、あるモノで遊ぶことができる。楽しくしようと思いさえすれば。)

 

今回は潤沢すぎる資金を預かり、こども達のたっての要望でワールドポーターズのゲーセンやコスモワールド(遊園地)でこれでもかと遊び倒してきた。

 

 

かわいい&かわいい(※ベジはパンダがだいすき)

f:id:akatsuki_jp:20190322165539j:image

 

 

 

先客がたくさん
f:id:akatsuki_jp:20190322165448j:image

 

 

 

下調べしてったドラえもんのスタンプラリー。

こどもたちにオファーしたら案の定即答でやる、と。

f:id:akatsuki_jp:20190322165442j:image

 

 

 

押し方が職人気質なおねえちゃん。
弟のぶんにも厳しいダメ出し(というかもうじぶんがやっちゃってる)。
f:id:akatsuki_jp:20190322165426j:image

 

 

 

いっしょに連れてきたワンちゃん。

くたくた感がたまらない。
f:id:akatsuki_jp:20190322165510j:image

 

 

 

スタンプラリーをあっという間に終えゲーセンへ。

マリオカート?のアーケード版
f:id:akatsuki_jp:20190322165525j:image

 

 

 

シート位置を最前にして寝るくらいの姿勢にしてようやく足届くのギリ
f:id:akatsuki_jp:20190322165452j:image

 

 

 

アンパンマンのもぐらたたき的なゲーム
f:id:akatsuki_jp:20190322165436j:image

 

 

 

あ、先輩はたたかないでもらっていいスか…?
f:id:akatsuki_jp:20190322165529j:image

 

 

 

サイゼでお昼。

「おひざの上だっこ」で食べたいとのこと。
f:id:akatsuki_jp:20190322165516j:image

 

 

 

お昼を食べたらコスモワールドへ。

ふたりの視線の先には…?
f:id:akatsuki_jp:20190322165534j:image

 

 

 

メリーゴーランドでした!

f:id:akatsuki_jp:20190322165520j:image

 

 

 

ワールドポーターズ中のより本格的ででかかった!
f:id:akatsuki_jp:20190322165505j:image

 

 

 

(わんちゃんも乗ってます)
f:id:akatsuki_jp:20190322165458j:image

 

 

 

2回目(笑)。

(「椅子(ブランコ)に乗りたい!」とのことで)
f:id:akatsuki_jp:20190322165421j:image

 

 

 

いつでもいっしょ。
f:id:akatsuki_jp:20190322165431j:image

 

 

写真は全体のうちのごく一部。

(回数券はあるけど)フリーパスがないから飛ぶようにお金が減ってった。笑

 

 

 

締めは、コスモワールドの観覧車。

f:id:akatsuki_jp:20190322171258j:image

 

f:id:akatsuki_jp:20190322165915j:image


f:id:akatsuki_jp:20190322165910j:image

 

 

 

風が強くて、乗り物系のアトラクションの多くがお休みになってたんだけど、

 

観覧車はふたり的にメインイベントだったし、

 

ふつうに動いてたからよかったー、って乗ってみたんだけど。

 

高度が上がるにつれ、

 

強風に煽られて揺れる揺れる

 

その度おねえちゃんが泣き出しそうになって。

 

高いところは割とへいきだけど、ぼくでも正直、ちょっとこわかった…!

((((;゚Д゚)))))))

 

でも

 

『ここで俺が怖がってるのがわかったら、この子をもっと怖がらせてしまう!』

 

と思って、

 

余裕しゃくしゃくのふりをしてみた。

(๑ÒㅅÓ)ノ

 

そんでおねえちゃん『あ、だいじょうぶなんだ…?』ってなってきたけど、

 

それでもまだちょっと不安そうだったから

 

おねえちゃんに「こわかったら、手ぇにぎってようか?」って

 

手を差し出したら

 

「いいから!うしろに背中ぺったんして、こっちきちゃだめ!」

 

って言われた。笑

 

そんで、

 

ベジのオファーは却下されたけど、

 

おねえちゃんは弟くんと手をつないで。

 

「だいじょうぶだからね」って。

 

おねえちゃんの顔してた。

 

 

 

なんか、すごくいいなあって思った。

 

“誰も触れないふたりだけの国”というか。

 

(ケンカもしょっちゅうしてるけど。笑)

 

それ見て、

 

ちょっぴり悔しくて。

 

でもそんなまごころの発露を目の前で見せてもらえて、

 

「それ」がほんとうにあるって再確認できるから、

 

ぼくはうれしくなるのです。

 

ありがとうね。

(๑′ᴗ‵๑)

 

 

 

f:id:akatsuki_jp:20190322164152j:image