レクリエ日記(仮)

こどもが大好きで、こどもと遊ぶことを通して彼らの「生きていく強さ」を育てたい『こども王子/こどもの笑顔クリエイター』、 「ベジ」こと浅野暁彦のブログです。

ジューン・プライド

6月が終わりました。

 

ぼくの誕生月のこの1ヶ月は、

自らの自尊心との闘いでした。

 


自分自身のことは大切にしてあげていい。

ありのままで既に素晴らしい自分を認めてあげればいい。

でないと、「生き苦しく」なるから。

自分以外の誰かの人生を生きることになってしまうから。

 

自分で自分を糧にして、

自分を活かし生きていく。

そのためには自分自身を大切にしてあげなければならない。

 

 

でも、ひょっとしたらー。

 

 

自分を大切にしようとする「自尊心」というやつは、

そんなにかわいがるものではないのかもしれない、と思った。

 

自尊心を両手で包み込むように、

だいじにだいじに、守ろうとするばかりでは、

自尊心は育っていかないのではないだろうか。

 

両手で覆えるくらいの大きさに留めておく必要なんて、ないのではないだろうか。

両腕で抱えるような大きさに膨らませることだって、できるのではないだろうか?

 

平時においては、

自分の確からしさをからだに纏っていられるように。

 

逆境においては、

自分を奮い立たせ、強く推し進めていくことができるように。

 

底なしの闇に飲まれてしまったとしても、

手を伸ばし、手繰り寄せることのできる微かな光に。

 

できるのではないだろうか? 

 

 

ぼくは、

なにがぼくのしあわせか、

なにをしてよろこぶのか、

知っている。わかっている。

 

笑っていたい。笑わせたい。

自分と、誰かを幸せにしたい。

だから人に優しくなりたい。優しくありたい。

 

そんな数々の身勝手なエゴを携えたまま

 

「どれくらい遠くまで行けるのか」。

 

わからないままおわる…なんて、

 

そんなのはいやだよね?と。

 

 

6月最後の夜、疲れ果て回らない頭の中に浮かんだバラバラのイメージを掬いとり

つなぎ合わせ、目をこらして見てみたら、

あのうたに乗せたメッセージが浮かび上がってきたのでした。

 

勝ったか負けたかわからないけど、

脚を繰り出し続けられる限りは、前に進み続ける自分でいたいのだと思いました。

 

 

それではことしの「後半戦」を始めます。

さあ、さっさと「遊ぼう」!!!