レクリエ日記(仮)

こどもが大好きで、いっしょに遊び楽しむことを通してこどもの「生きていく強さ」を育てたい『こども王子/こどもの笑顔クリエイター』、 「ベジ」こと浅野暁彦のブログです。できる時に、「ほぼ」毎日更新。

頭文字“K”s

四国在住の兄弟(7歳&4歳)と約1年ぶりに遊んできましたー!

( ´ ▽ ` )ノ

 

東新宿駅出口で待ち合わせ。

 

最初、ひさしぶりすぎて恥ずかしかったのかベジと距離取りぎみだったけど、

 

すぐ前回の感じ思い出してくれたようでよかった。

(๑′ᴗ‵๑)ー3

 

 

 

お預かり予定は3時間で、いくつか案を出してみる。

 

最初に思いついたのはこないだも遊びに行った【かぞくのアトリエ】なんだけど、

 

金・土曜は地下の体育室を使えるのが未就学児限定で、お兄ちゃん入れないしひとりにできないので候補から外し。

(´;ω;`) 

 

残ったのは四谷三丁目の【東京おもちゃ美術館】

goodtoy.org

 

 

代々木八幡にある【渋谷はるのおがわプレーパーク】。

harupure.net

 

 

 

で、ベジ的にはどっちも楽しいだろうと思ったんだけど、

 

 

お兄ちゃん、iPadで動画見る」とか宣いまして。笑

 

それ、

 

 

 

ベジの使い方もったいなすぎるやろ…!!!

(;´Д`)

 

 

 

無理強いは好かんし、それでいいならまあいいけど笑

 

そしてお昼ごはんがまだだったらしく、すぐ近くにあった食堂(道路の斜向かい)へ向かうことに。

 

その様子がこちらです。

(๑ÒㅅÓ)ノ

 


f:id:akatsuki_jp:20190930203849j:image

 


f:id:akatsuki_jp:20190930203843j:image

持ってきたミニカーで遊びだす二人

新たな「公道レース」の歴史が幕を開けた瞬間である

 

 


f:id:akatsuki_jp:20190930203904j:image

( ´ - ` ) 。oO(なんだかんだ言ってやっぱ遊びたいんじゃんかよ

 

 


f:id:akatsuki_jp:20190930203743j:image

ちなふたりとも「K」くん

 

 


f:id:akatsuki_jp:20190930203730j:image

あぶないですので黄色い線の上だけでお楽しみください

※まばらとはいえ通行人がいるのでベジが周囲に注意していました

 

 


f:id:akatsuki_jp:20190930203912j:image

左側に横断歩道があるんだけど向こうに渡るのにさすがに危ないからここがゴールってことにした

 

 

 

食堂に到着し、ふたりとも「ママ行かないでモード」だったけどなんとか乗り切り…

 

弟くんは折り紙をご所望でしたが持ってなかったので

 

ベジが名刺がわりにしている【旅するトランポリン】チラシを差し上げました。

 

 


f:id:akatsuki_jp:20190930203859j:image

なんかで見たらしい独創的な折り方を教えてくれた

 

 


f:id:akatsuki_jp:20190930203811j:image

でけたー!!

そしてベジにひとつくれた

 

 


f:id:akatsuki_jp:20190930203757j:image

お兄ちゃんは食べてる時もずーーーっとiPad

(お行儀悪いけど特別だよって許可した)

 

 


f:id:akatsuki_jp:20190930203834j:image弟くんは「ごはん食べない!( •̀ㅂ•́)」

 

 


f:id:akatsuki_jp:20190930203854j:image

…って言ってたけど、

お兄ちゃんが食べてるの見たら結局食べたくなるよね

 

 


f:id:akatsuki_jp:20190930203820j:image

こういうよくわかんないもぞもぞとかふしぎな姿勢してるの見るの好き

 

 


f:id:akatsuki_jp:20190930203721j:image

冷房の風が強くて寒いってことで完全防備

( ´ - ` ) 。oO(や、ええんやでベジさんは店出て今から公園に行くんでも

 

 

ていうか、

 

 


f:id:akatsuki_jp:20190930203826j:image

( ´ - ` ) 。oO(誰だよ、ママと一緒がいい!って泣いてたの

 

 


f:id:akatsuki_jp:20190930203735j:image

きっかけ何だったか忘れたけど、弟くんは後半ずっとゲームとかなしで笑ってた

そして最後までお兄ちゃん的にはヒーローの序列が「ベジ<マリオ<HIKAKIN」な模様でした

 

( ´ - ` ) 。oO(いつかひっくり返してやっからな…!!

 

 

 

ママ戻ってきて、最後はハイタッチしてお別れ!!

(=´∀`)人(´∀`=)

 

また来たら(今度こそがっつり)遊んでねーー!!

( ´ ▽ ` )ノ

【レンタルなんもしない人】は「泣いて謝るまでリンチしてもかまわない人」では断じてない

レンタルなんもしない人】(通称:レンタルさん)と、彼に対する大衆の反応についての記事、第二弾。

 

前回のはこちら。

recrea.hatenablog.com

 

それで、

 

トピックとして取り上げたいの全部挙げてったらキリがないけど、

 

これとかね。 

 

 

 

 

 

そりゃあ、よ。

 

 

 

たしかにみんなが「何言ってんだこいつ」ってなるきもちもわかるっちゃわかる。

 

こども大好きなぼくからしたら子育てしないとか、そんなのもったいなすぎて意味不明だ。

 

 

 

こどもが育つには、たくさんの愛情が必要だよ。

 

「これだけあれば充分」なんて基準はどこにもない。

 

だから、「愛情を注がなくていい」なんてことも決してない。

 

 

 

じぶんのこどもと関わろうとしないってのは、端的に言ってネグレクトというやつだし、

 

もっと直接的に、虐待という言葉を使ってもいいだろう。

 

そして「こどもを虐待する人」に対して反射的にぼくは、こう思う。

 

ふざけんじゃねえよ

(俺が好きな)こども泣かすんじゃねえよ

こどものすばらしさなめてんじゃねえよ

放っておくのなら

関わろうとしないなら

見捨てることになるのなら

だったら

最初からこどもうむんじゃねえよ

こどもに「自分は親から愛されてないのに、なぜ生まれてきてしまったんだろう」だなんて悲しい疑問を抱かせることになったらどうするんだよ

簡単に諦めてんじゃねえよ

頼むから逃げないでくれよ

 

と。

 

 

 

…ただ、ね?

 

 

 

その家庭の事情は、ほんとのところはその中にいる人にしかわからんし、

 

誰かの「一部分」がじぶんの思う価値観とかけ離れているからって、

 

そのショックを攻撃力に変えて無遠慮に本人に叩きつけるのはどうなんだ?

 

 

 

 

 

もしあなたたちが同じように感じたとして、

 

その怒りで、その悲しみで作った鋭利な凶器でもって

 

「正しくない人」に当事者でないあなたが直接「罰」を与えようとする行為は、

 

 

 

絶対に間違ってる。

 

絶対に、だ。

 

 

 

(ぼくは絶対なんてものはないと思っているけど、それでもあえてこの言葉を使う)

 

 

 

「正しくない人」が叩かれるのは当たり前だ。

 

「正しくない」からだ。

 

「善くない」(つまり「悪」だ)と、大多数派から捉えられてしまうからだ。

 

でも、

 

「正しくない人」(※より正確には「正しくない『部分』を持っている人」)がその存在を「許されない」のだとしたら、

 

一体どれだけの人間が地上に残るだろう?

 

誰もいなくなって、きっと野生動物だけが残るはずだ。

 

 

 

あなたもいつか、いつの間にか。

 

『きづいたら「正しくない人」になってしまっていた』なんて事態は、

 

この先ずっと、絶対に起こらないとでも思っているのだろうか。

 

考えたことすらないのかもしれないね。

 

でも、それってとても恐ろしい、そして傲慢なことだと思うよ。

 

 

 

ちなみに彼は、

 

子育てをしない、関わらないことについて嘘をつかないまでも

 

「それっぽい」理由を並べることだってできるはずなんだよ。

 

でもそれをしてない。

 

 

 

育児放棄というものはいかんよ、ダメだよ、褒められる類のものでは決してないよ?

 

叩かれるのなんてわかってるじゃん。

 

でもそれを「他人や他の何かのせいにせず」に

 

「じぶんはこんなダメなところがある人間だった」ということを包み隠さず言うのは、

 

めちゃめちゃ勇気が要ると思うし、

 

(彼は「炎上」に慣れているんじゃね、とかはまあ置いといて)

 

誤解を恐れずに言えば、じぶんに嘘をつかない、繕わないということについて「かっこいい」と、ぼくなんかは思ってしまうよ。

 

 

 

繰り返すけど、もちろん親として、ダメな方に分類されるよ?

 

「不合格」だと思うよ?

 

でも、

 

ひとりの「人」の、じぶんをつかって最大効率で世界に貢献できることを探そうとした姿勢、その在り方は「大正解」だと思う。

 

少なくとも、「ダメ」なやつが結果として様々な人の心に寄り添うことができて、

 

それによって救われた人たちが相当数いることを無視してはいけない。

 

(※ちなみにぼくは彼の「ファン」とまではいかないが、少なからず好意を持っているわけだけど、全肯定ってわけでもないですよ。

 

「不快なんはわかるけど、それに皮肉で返すにしたってもうちょっと言葉のチョイスってもんがあるやろ」とか思うしね。)

 

 

 

…ところでさ、

 

彼のこと叩いてる人に訊いてみたいことがあるんだけど。

 

ゴータマ・シッダールタっていうわりと有名な人がいたんだけどさ。

 

その人、王族の生まれで何もかも持ってたってのに、

 

まーえらく思い悩んじゃって、

 

ある時奥さんとこども(そして国まで)捨てて自分探しの修行的なやつ始めちゃったんだよね。

 

 

 

…どう思う?

 

 

 

つか、ひどいよね。

 

奥さんとこどもどころか、国民全部捨てたんだよ?

 

その事実をもって、万死に値することない?

 

まあ、とっくの昔に死んじゃってて本人直接はもう叩けないんだけど。

 

ラッキーなことにそいつの像とかもう世界中にあるからさ、本人叩けない代わりとしてさ、

 

 

 

今からそいつを殴りに行こうか?

(๑ÒㅅÓ)=͟͟͞͞⊃

 

 

 

 

#ほんとにやんなよ
#罰当たんぞ

 

 

 

P.S.

これとも関係するやつだなー
(´・ω・`)

recrea.hatenablog.com

 

 

 

 P.S.2

あー、ゴータマ・シッダールタは一回死んでるけど色々(奇跡的な)事情があって復活してるんだった。

 

だから運がよければ会えるかもね。【パンチとロン毛】ってお笑いコンビやってるからさ、立川あたりで。

親になったなら子を育てる義務がもれなくセットで付いてくる。ただ…

こないだもそうだし、ちょいちょいシェアハウスネタを書いてて、 

 

個人的にはシェアハウス生活はメリットしかないと思ってるんだけど。

 

個室がなかったらぼくはきっついだろうなあと思う。

 

ドミトリー(相部屋)でも、それが旅であればぼくも楽しめる。

 

けど一時的な「宿泊」ではなく「居住(定住)」となるとさすがに無理。

 

完全にひとりになれる空間がないと。

 

住処になければそういう時間を持つために外に出てもいいんだけどめんどいよね。

 

 

 

んで、思ったんだけど。

 

ワンオペ育児って、例えば赤ちゃんの場合こどもが寝てる時以外に休む間が無いってことも問題だけど、

 

実はそれ以上に「じぶんひとりでいられる時間が無い」ことが深刻なんじゃないかな。

 

それを言い換えると問題の本質って、

 

(【ママ】や【パパ】である前に、)じぶんがじぶんであることを離さずしっかり掴んでいられる」状態にないのが常になってる

 

ってこと。

 

【ママ】や【パパ】で「いなきゃいけない」、その役割を遂行するのを強いられ続けてしまってる

 

ってこと。

 

 

 

たしかに、 

 

親になったなら子を育てる義務がもれなくセットで付いてくる。

 

ただ、

 

その義務を受け入れたからって、じぶんが「じぶん」でいられる時間全てを放棄しなければいけない理由にはならない。

 

ましてや、他人がそれを強いていいわけがない。

 

 

 

「親」って、「仕事」だと思う。

 

だからこそ、その「執務」(オン)に対しては当然「休暇」(オフ)が必要となるって思うんだけど、

 

それが今の日本において「当然の考え方」にはなっていないって現実を目の当たりにした時、うっすらと恐怖を覚えるよね。

 

そうそう、以前Twitterで見つけた「ママ閉店」って考え、あれすっごくいいと思うんだよなー。

 

 

www.huffingtonpost.jp

 

 

 

P.S.

「寛ぐ」ということについて書こうと思ってたんだけど、途中からなんか変わっちった

(´・ω・`)

 

うん、こないだ書いた【レンタルなんもしない人】さんについても絡めて、このへんはもっかい書いてこう

(๑ÒㅅÓ)ノ

王子は帝王に夢を見るか?

「俺か、俺以外か。」というセリフで有名なホストのローランドさん。

 

ぼくが紹介するまでもなく皆さん既にご存知ですよね。

 

ぼくもその存在は知ってて、

 

『視点が独特だし、言うことがいちいちおもしろい人だなー!』と思ってたんだけど。

 

 

 

こないだある人に、彼が取材されてるYOUTUBEチャンネルの動画を見せてもらって、

 

そしたら

 

こどもに関しての考え方、接し方がとてもよくて。

 

ベジ的に、すごく共感するものがあったんですね。

 

えらそーな言い方させてもらうと

 

「わかってんなあ…!!(๑ÒㅅÓ)」

 

と思ったわけです。

 

名前と顔が一致するただの「ホストやってる有名人」だったのが、これ見ていっきに好きになりました。

(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु⁾⁾

 

ローランドさんを知っててもこの動画は見たことない人多いんじゃないかと思ったので、皆さんにもおすそ分けです。

( ´ ▽ ` )つ

 

↓↓↓

 


ホスト界の帝王が語る家庭環境の重要性。【ROLAND社長-完全密着-】vol.006

 

 

 

P.S.

 

「(こどもは)純粋に見ててかわいい、天使みたいじゃん」

 

「(こどもたちから)友達か手下とかだと思われてんじゃないかな」

 

f:id:akatsuki_jp:20190926204701p:image

 

他にもたくさん「それな!」な言葉がつまってます!!

(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु⁾⁾

 

【こどもはBARにいる】 ???

前回の記事↓

 

recrea.hatenablog.com

 

に続いての「募集」記事です。

 

 

 

夜ご飯の時にラウンジでシェアメイト達と話してて、ホストクラブの話になって。

 

ベジ「俺、こどものホストクラブあったらナンバーワンホストになれると思ってる(๑ÒㅅÓ)ノ」

 

って言ったら、

 

「ホストクラブじゃないけど…」って、

 

ある動画のシリーズを教えてもらったん。

 

 

 

それがこちらです。

 

その名も

 

 

 

【ミルクBAR 乳JERSEY】

 

 

 

↓↓↓

 

 

 


ミルク チャポン 「ミルクBAR 乳JERSEY」第1回

 

 


ミルク チャポン 「ミルクBAR 乳JERSEY」第2回

 


ミルク チャポン 「ミルクBAR 乳JERSEY」第3回

 

 

 

…これ、ヤバくない!!?笑

 

(もちろんいい方の意味で)

 

 

 

【ミルクBAR 乳JERSEY】シリーズの動画(全13回)はこちらにアーカイブがあります!

(((o(*゚▽゚*)o)))

 

(※YOUTUBEでもいいけど、次の回が出てこなくて順番に見ていくのがむつかしいんです)

 

 

www.milkjapan.net

 

 

 

これ、TBSでやってたこども番組の中の1シリーズらしいんだけど、

 

こんなにもおもしろいのに、

 

全くと言っていいほど再生数伸びてないんですよ。

 

超早朝放送(AM4: 35〜)だったとはいえね。

 

もんのすごくもったいない!!!

(´;ω;`)  

 

 

 

そんでね…

 

ベジは、原作に最大限のリスペクトを表しつつ

 

『これ、実際に再現したい』と思ったのですよ!

(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

 

ベジが「マスター」としてお客様(こどもたち)をお迎えします。

 

 

照明を落としたムーディーなカウンターで…

 

 

 

麦茶をウィスキーグラスで。

(飲み方はロックでもストレートでもお好きに)

 

 

 

ぶどうジュースをワイングラスで。

(ご希望にあわせてカクテルもおつくりします)

 

 

 

非日常的な空間とシチュエーションの中でいつもよりちょっとだけ背伸びした会話とか、してみたかったりすると思うんよね!

 

普通できないこと、こどもたちもきっと楽しいと思うんよねー!

 

ていうか、

 

楽しませる!!

(๑ÒㅅÓ)ノ

 

 

 

ちなみに撮影を担当してくれるのは、このシリーズを教えてくれたシェアメイトで 

 

 

【空翔ぶカメラマン】の 前島 聡夫(まえしま あきお)さん!

 

 

www.akiomaeshima.com

 

(「空翔ぶ」の意味は上記サイト内のこちらで見てみて)

 

見てもらったらわかると思いますが、

 

 

 

ガチプロです。

(๑ÒㅅÓ)ノ 

 

 

 

そんなガチのプロが、

 

ガチで照明などの空間演出も含めて撮影してくれます。

 

 

 

もうおわかりですね?

 

そう、

 

今回の「募集」ってのは、

 

『これに出演してくれるこどもたち』

 

の募集です!

(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु⁾⁾

 

あ、あと『BARの名前』も!笑

(๑ÒㅅÓ)ノ

 

 

 

必然的にお子さんの顔出しが条件になりますが、

 

そこオッケーだよって親御さん、

 

 

 

ちょっとお子さんに「非日常」なプレゼントしてみませんか??

(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

 

お問い合わせ大歓迎です!

 

お待ちしてまーす!!

(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु⁾⁾

【期間限定企画】こども王子ベジが、あなたの子育てのお悩み相談を大募集!!!

前回の記事で書いた通り…

 

 

 

子育てのお悩み相談を募集します!

 

そしてブログで回答します!!

 

無料で!!!

 

(๑ÒㅅÓ)ノ

 

 

 

ぼくはこどもたちと遊ぶことを通して

 

こどもたちを笑わせ続けてきましたが、

 

それと同時に、

 

日々子育てに奮闘する親御さん(特にママさん)たちの子育てのお悩み相談に応えてきました。

 

 

 

ぼくはこどもたちの笑顔で世界を埋め尽くしたいんだけど、

 

今のまま、「ただの出張シッター」のままでいたら、

 

単純に考えてぼくが増やせるのは直接遊ぶその子たちぶんだけ。

 

絶対数をもっと、加速度的に増やすには、

 

足し算じゃダメで、掛け算のが絶対に早い。

 

それはわかってたんだけど、

 

「地道にシッターで、【感動レベル】の託児をやり続けたら、どれだけ止めたところで人に紹介したくなるはずだ」って、

 

地獄的に非効率な道を選んでたんですよね。

 

それはひとえにぼくのクソみたいなプライドで。

 

『感動させられなかったらぼくの負けであって、それはぼくが悪い』って感じで思ってた。

 

(でも人間、どれだけ感動しても「慣れ」ってのもやっぱあるよね…笑)

 

 

 

こどもたちの笑顔の絶対数を増やすには、

 

世界中の【こどもの一番近くにいる人たち】に彼らを笑わせてもらうのが早い!

 

つまり…

 

今まさに子育てをしているママさんパパさん、あなたたちのことです。

 

 

 

ぼくはあなたの収入を上げることにお役には立てないけど、

 

あなたの人間関係、特に子育てのお悩みを解決することならできます。

 

 

 

子育てに絶対的な正解はありませんが、

 

あなたとあなたのお子さんとの間に「よい人間関係」を築くことは、絶対にできます。

 

ぼくはそのためのお手伝いができます。

 

もちろん秘密は厳守し、内容から相談者を特定できないように配慮します。

 

 

 

悩んでる時間が無駄だから、

 

さっさとスッキリして、

 

さっさとじぶんもお子さんも「だいじょうぶ」であることを思い出して、

 

さっさとお子さんと一緒におなかの底から爆笑してください。

 

お願いします。

(๑ÒㅅÓ)ノ

 

 

 

【ご相談にあたってのお願い】

 

相談の方法はメールでもメッセンジャーでもぼくに確実に届きさえすればなんでもいいんですけど、

 

「できるだけ詳細に、具体的に」お願いします。

(๑ÒㅅÓ)ノ

 

ふわっとした内容の相談だと回答もふわっとしたものになってしまいます。

 

もちろん「ここってどういうこと?」「それは〜」ってやりとりして認識を擦り合わせてけばいいんだけど、

 

全部にそれをすることをお約束すると、かんたんにぼくがいっぱいいっぱいになってパンクしてしまいます。笑

(´;ω;`) 

 

だから詳細な相談内容を送っていただいて、基本的には質問はその一回のみで完結していただきたいです。

 

内容が細かすぎることでぼくが怒ることはないです。

 

確認の余地がないほど細かい説明をしていただけたら、それがどれだけ長文だろうとそっちのが嬉しいです。

+。:.゚ヽ(*´ω`)ノ゚.:。+゚

 

そしてあなたのいる方角に向かって、全力でありがとうと唱えます!(※心の中で)

( ´ ▽ ` )ノ

 

 

それではたくさんのご応募、お待ちしております!!!

(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु⁾⁾

 

 

P.S.

 

連絡先はプロフィール欄にありますが、一応こちらに貼っておきます。

今回はpeing(質問箱)からの相談(質問)はなしでお願いします!

 

 

mail: asanoakihico@gmail.com

 

LINE@: @ksm9301s 【ベジ@レクリエ日記(仮)】


Facebookhttps://www.facebook.com/akihikoasano


Twitter: akatsuki_jp


VALU: vege

ゴーコンのボーテン、ちょいもーしーほー

コスタリカはノサラに移住した後にヨーロッパからのタイ・マレーシアから一時帰国し東北・北海道旅行をしていた、

 

旅するノマドしゃちょー(10月から無職になるらしいけど)、

 

みつぎしほ さんと吉祥寺で飲んできました。1年ぶりくらい。(息子くんの託児は間に挟んでるけど)

 

しほさんは、

 

タイはサンクラブリの虹の学校に行くきっかけをくれたし、

 

バンコクに2ヶ月住んでた時も会社の従業員用の住まいを貸してくれたり、

 

メルマガではちょくちょくベジのことを紹介してくれたり、と

 

めちゃお世話になっている&仲良くさせてもらっている方。

 

そして子育て観がとても近くて、子育ての話をする時に個人的にめちゃ楽

 

そんなしほさん親子がノサラに戻る前、このタイミングを逃すと(じぶんがノサラに行かない限り)さらに1年後になってしまうので、

 

慌ただしいスケジュールの中、時間をとってもらったわけです。

 

んで、

 

お互い近況報告とかして、今考えてる企画へのアドバイスやアイデアを求められたり、

 

ベジも今後の展望について相談させてもらったりしてたら、

 

きづいたらガチのコーチング&シンキングタイムになってて(※しほさんコーチング得意)、

 

いつのまにか

 

【「ベジがどうしたらアンパンマンになれるか?」朝まで作戦会議】

 

になっていました。

(๑ÒㅅÓ)ノ

 

(飲みでオールなんてしたのひさしぶりだった)

 

 

 

その結果…

 

ベジが理想とする「こどもがたくさん笑ってて、それを喜べる大人がたくさんいる」世界にするためにベジはアンパンマンになりたいんだけど、

 

それには

 

『子育て中の親御さん(特にママさん)の悩みを解決するのが一番早いんじゃね?(少なくともベジが得意で貢献できることにおいては)

 

って結論に至りまして。

 

「そこ、一回ガチでやってこう」となりました。

 

 

 

…というわけで、

 

今でもpeing等で無料でいろんな相談受けてるけど、

 

 

 

10月を【ベジ的子育て相談強化月間】にすることにしました!

 

 

 

詳細はまた追っておしらせします!!!

(๑ÒㅅÓ)ノ

 

#震えて待て