レクリエ日記(仮)

こどもが大好きで、いっしょに遊び楽しむことを通してこどもの「生きていく強さ」を育てたい『こども王子/こどもの笑顔クリエイター』、 「ベジ」こと浅野暁彦のブログです。「ほぼ」毎日更新。

仕事(work)じゃないよ、ライフワークだよ。(出張託児の話)

ジーシッターしてきましたー。

前日のご依頼により、世田谷へ急遽出張!

─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ

 

今回は1歳の男の子!

 

前に2回ご依頼いただいてて、希望日まであまり時間がなくてタイミング合わなかったりだったんだけど、

 

今回はドンピシャだった!

٩(ˊᗜˋ*)و

 

そんでママさんに「いつも急ですみません(´;ω;`)」って言われたのと、

 

あと、時間が1時間くらいしかないことで「わざわざきてもらうのもどうなのか」と気にされていたのだけどね。

 

 

 

ベジは都合がつきさえすれば飛んで行くし、

 

(呼ぶ人がいるかどうかはともかくとして)たとえ時間が1分だろうと行きますよ!

( ´ ▽ ` )ノ 

 

 

 

だってぼく(少なくとも今は)そのために生きてるし、

 

呼んでくれないとぼくこどもと遊べないからね。

(´・ω・`)

 

(こどもに声かけると通報されかねないポイズンな世の中)

 

 

 

ただ、この先依頼していただくかもしれない方たちに知っておいてほしいので、

 

ひとつ言わせてもらうと。

 

 

 

ぼくをシッターとして有効に使ってもらうのは「はいよろこんでー!」なんだけど、

 

(意図してなかったとしても結果的に)単に「保険」として使われるのは、あんまうれしくない。

 

頼る手、お子さんを預ける人が見つからなくて最終手段としてぼくへ依頼してもらった、ってのはあるあるだし、全くもってウェルカムなんだけど。

 

「他に預け先が見つかったから大丈夫です(キャンセルします)」ってのが立て続いたことがあって、地味に凹んだんですね。

 

その時はお父さんバンクの中心メンバーのグループメッセで吐き出させてもらって、

 

んでわかったんだけど、

 

ぼくと依頼者の間で温度差があるからなんだなあ、と。

 

 

 

キャンセル自体は時と場合によってしょうがないし、

 

複数の人にヘルプ出してたら誰かがキャンセルになるのも当たり前だしこれまたしょうがないことなんだけど。

 

「わざわざ時間かけて来てもらう」のが、

 

ぼくにとって迷惑だとか無理してるとか、そんな風に思わないでいいっすよー!

 

 

 

時間も体力も使うし、「人の命」預かるわけでその責任も負うからそりゃあ大変だよ。

 

でもそれ全部わかってて、

 

その上でぼくはこどもたちと遊びたくて、触れ合いたいから行ってるから!

 

 

そこんとこ、どうぞよろしくでーす!!!

( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

f:id:akatsuki_jp:20190401185057j:image