レクリエ日記(仮)

こどもが大好きで、こどもと遊ぶことを通して彼らの「生きていく強さ」を育てたい『こども王子/こどもの笑顔クリエイター』、 「ベジ」こと浅野暁彦のブログです。ほぼ毎日更新。

あなたがこの世界を変えうるたったひとつの方法

ぼくはアンパンマン(ヒーロー)になりたい、ってのは前から言ってるけど、
ぼくひとりが英雄になることが目的じゃない。

 

それは、世界を変えるためです。

 

ふざけてないよ?
ほんとに思ってる。

 

ほんの少しだけでも、今よか『人肌の感じられる世界』のがいい。

ぼくも参加しているお父さんバンク的に言えば、今ある世界を肯定した上で、『やさしい世界を増やす』ため。

 

ぼくが理想とするのは、
すべてのこどもがただひたすら笑っていられる世界。

 

こどもが笑うと、まわりの大人も笑う。
そしたらそこは、しあわせに包まれる。

 

『だから、その場所を増やせばいいじゃん!』と思っている。

 

むつかしく考えようとすればいくらでもできてしまうから、
ぼくはアホみたく単純に考えたいし、それが好き。

 

「なんかよくわかんないけど…こどもが笑ってるのって、すっごくいいね!」って価値観を広く共有したい。

 

その真逆でさ、
日本で今、「こどもの声でうるさくなるから保育園建設反対!」とか言えちゃうROUGAIたちがいることには軽く絶望するよね。
(つっても、彼らのきもちもちゃんとうけとめてあげねばいけないんだけどね。彼らの本音は「うるさくなるのは嫌だ」なんて表面的な不快感なんかでは決してないからさ。)


んで、だ。

 

誰もがみんな、『生きるのって楽しい!』って思っていいこと。

 

誰もがみんな、他の誰かにとってのヒーローになれるってこと。

 

みんなが持っている各々の超能力を発揮すると、世界はもっと平和になる。

 

はずなのだ。

 

正しさによってでなく、『楽しさによる革命』を起こすんだ。
(つってもべつに、怒りからでも、かなしみからでもいいよ。それが世界のことを自分ごととして考えているのだったらね。だから正確に言うと『感情由来の革命』ってことだね。)

 

 

ただ、ほんとうに世界レベルの革命を起こそうと思ったらひとりじゃ無理なんだよね。

 

だから、
みんなと繋がって

 

『こどもが笑ってるのってすっごくいいよねと思う人とこどもが笑ってられる場所をあちこちに増やして地球をでっかいスマイルマークにしちゃおうぜ革命』

 

を起こしたいわけですぼくは。

 

そして、そのための【アイコン】にぼくはたぶん、なれるなあと思っている。
(今はまだぜんぜんだよ。でも、できると思う。)

 


『あなたは、あなたを笑わせることができる』ってこと。

 

そして

 

『あなたは、人を笑わせることができる』ってことを。

 

つまり、

 

『あなたは、あなた自身と誰かのヒーローになれる』ってこと。

それを自覚して、信じて行動し続けること。

 

 

これが、

あなたがこの世界を変えうるたったひとつの方法。

 

ぼくはそう思っている。

 

そしてぼくは、
これらを思い出させることに関して、超自信を持っている。


ぼくは、どんな子ともなかよくなれるし、
死ぬまでこどもと遊んでいたいと思っているから、
シッターは【天職】にちがいないと考えているものの、
それは(誰もが持ってるであろう)でっかい【天命】の中の一部でしかないのかもなあ、と思いはじめた。

 

 

ぼくの今の生き方(無報酬の全世界出張型シッター)なんて
とてもじゃないが万人にオススメできるようなもんじゃない。

 

でも、
『誰かを笑顔にするとどうやらじぶんもしあわせになっちゃうよ』ってことについて、
そしてそれの「こどもに関係することに特化した考え」について、
ほんき出して広めていきたいなあって、あーでもないこーでもないって考えてる。

 

 

できるかしらんよ。

 

でも、
誰かに言われてとかじゃなく、自分でやるって決めてやり続けてるうちは、その可能性は消えないってことは確かだと思ってます。

 

 

あー、
けっきょく、所信表明になっちゃった。笑

 

 

f:id:akatsuki_jp:20181017214829j:image


以前、ベジの姪っ子の運動会の応援に行って、

姪っ子の笑った写真を撮りたくて出番待ち中の姪っ子を笑わせてたら周りの子たちも笑いだして泣いてる人がひとりもいなかったすてきな世界。


P.S.
ベジは、ワンパンマンの中でいちばんかっこいいのは(サイタマももちろんかっこいいのだが、)無免ライダーだと思ってます。

 

P.S.2
ダイの大冒険だったら、ポップ。