レクリエ日記(仮)

こどもが大好きで、こどもと遊ぶことを通して彼らの「生きていく強さ」を育てたい『こども王子/こどもの笑顔クリエイター』、 「ベジ」こと浅野暁彦のブログです。

キセキの軌跡 〜ぼくらがタイへ旅に出た理由 【DAY 3】

前回はこちら!

recrea.hatenablog.com

 

 

2016年12月21日(水)(チェンライ2日目)

 

ぼくひとりだけ目が覚めた。

部屋の中だとWi-Fiの電波が届かないのと、

事前にオーナーから聞いていて、フリーでコーヒーが飲めるとのことだったので、受付の方へ。

 

 

 

受付方面(ロータリー部分)

 

 

部屋の前。モーテルなので、駐車スペースになっている。

最初、トランポリンの部品出しっぱにするのどうしようと思ったけど、

誰も盗るやついないべ、つってそのまま。金目のものには見えないしね。笑

 

 


【FLY HIGH Vol.2】[DAY3] チェンライ2日目の朝

 

 

受付横がラウンジ?スペース。笑

 

 

ドリンクバー的なのを想像してたら、これだった。笑

 

 

朝の光と空気、好きです

 

 

コーヒーを飲んでいたらオーナーがやってきて、わんこもついてきた。

名前はオスカーっていうんだって。


【FLY HIGH Vol.2】[DAY3] モーニングコーヒー飲もうよ

 

 

そのうち、みんな起きてきた。

オスカーが人懐っこかったので遊んでもらった。

(ベジが手に持ってるのはオーナーが貸してくれたポータブルのカーナビ)


【FLY HIGH Vol.2】[DAY3] わんこのオスカーと遊ぶベジ

 

 

 

行動開始!

まずは、バイクを借り直しにレンタルバイク屋さんへ。

(前日はマリーの村を探すのにどれだけかかるかとかわかんなかったから、とりあえず1日だけのレンタルにしてた)

 

ここわんこがいっぱいいるの(4匹だったかなあ)

 

 

この子たちも人懐っこい

 

 

満タンではなかったので、近くのガソリンスタンドへ

ぱーにゃ「レギュラー満タン入りまーーす!」

 

 

その後、前日行って気に入ったタイ料理店「EASY STYLE」で腹ごしらえ。

 

外観

 

 

オーナーらしき人。めっさ縦に長い!身長190くらいあるかも。

ちなみに愛想はまったくないが、すごく優しい。

 

 

カオパッ(肉抜き)。

 

 

食後、当日のミーティングを兼ねて近くのカフェへ。

 

【BaanChivitMai Bakery】

www.tripadvisor.jp

 

フリーWi-Fiはもちろんだけど、通りに面したオープンテラスのソファーとか超くつろげる。

客はほぼ西洋人。スタッフも英語が通じ、フレンドリーでいい感じだった。

 

 

トイレにて。

用を足した後便器のこれが目に入ったんだけど、えっと…日本サイズをディスってんの?

(※ただのタイでポピュラーなトイレメーカー名です笑)

 

 

 

前日、無事マリーの村も見つけることができたし、

夕方からの「予定」までは充分時間があるので、

この日は観光デイにしよう!ということで、ある場所に向かうことにした。

 

 

10㎞ほど離れたその場所までツーリング。

天気がよく、道も広くって実に爽快!!!

 

そして着いた先は…?


【FLY HIGH Vol.2】[DAY3] ここはどこでしょう

 

 

 

正解は…

 

【Wat Rong Khun】(ワットロンクン)!!!

 

直訳すると英語で“White Temple”。

つまり、「白いお寺」。

 

 

入場料50バーツを払います

 

 

本殿?メインの建物の全景

 

その名の通り、真っ白なタイ様式の寺院!!

 

なんだけれども…

さて。

近くに寄って見てみると……?  

 

 

入口のあたり

 

流木?珊瑚かな?そしてその奥に…

 

 

手ぇーーー!!!!((((;゚Д゚)))))))

 

 

ちょっと、ビビるでしょ

予備知識なしで行ったし、寄って見て何なのかわかった時「うおっ!」ってなった

 

 

正面から

 

おわかりいただけるだろうか

 

もう少しアップで

ひとりね、ケンカ売ってんのがいるの笑

 

ほんと細かいとこまで装飾が施されてる

 

モンスターズインクから来た?

 

  

参道(?)

 

阿吽てきな

 

 

 

 

ぱーにゃ「鯉がいるーー!」

 

 

本殿(?)手前

 

 

いよいよ中へ…!

 

 

中の様子は、というと

 

 

ざんねん、撮影禁止でした!

(´;ω;`)

 

 

なので説明すると、

入って正面にタイのお坊さんの蝋人形(超精巧!)が置かれてて、

壁には一面に世界中の漫画のキャラやら映画の登場人物が所狭しと描かれていました。

 

 

実はこのお寺、

お寺の姿だけど、全体が現代アートの作品という位置付けらしいです。

チェンライ出身の、タイで有名なアーティストによるもの。

 

本殿?後ろから

 

 

 

 

外に出たら、うって変わって装飾がほとんどない建築に。

 

 

なにやら

舞さんが装飾の鏡部分を利用して何やら眼ドアップの写真を撮り始める 

 

 

うまーく眼だけ撮るのがむつかしくて、かなり試行錯誤

 

 

真剣。

 

舞さんはポーズに専念するとのことで撮影を任されるベジ

 

苦戦する舞さん(&ベジ)を尻目にぱーにゃは…

 

角度のつけ方が上手く、とても印象的な一枚をサクッと撮ってた!!

 

 

ぱーにゃ眼。

 

からの

 

ベジ眼。

 

からの

 

 

わんわん眼。

 

なんかの飾りがビッッッッシリ鈴なり!!

 

 

順路を進んでいくと、これまた特徴的な建物が。ここには…

 

 

泉的な井戸があった!

お願いごとしてんのかな、コインがたくさん投げ込んである

 

 

 

みんなでてっぺんのど真ん中を狙ってコイン投げ大会に

 


【FLY HIGH Vol.2】[DAY3] 井戸その1@Wat Rong Khun

  


【FLY HIGH Vol.2】[DAY3] 井戸その2 @Wat Rong Khun

 

 

それから、

あちこちに掲げてある絵馬のようなものがあったので…

 

 

(特にこの旅での)それぞれの「願い/信じていること」を込めて絵馬に書くことにした。

 

 

トップバッターは確かぱーにゃで、その次がわんわんだったかな

 

みんなで…

 

 わんわんをガン見。

 

続いて舞さん、

 

最後にベジが書いて、完成!!!!

(模様をつけるのに凸凹があるんだけど、それを超絶うまく活かしてぱーにゃが『FLY HIGH』と書いてくれた)

 

ぱーにゃは「笑顔」

 

わんわんは「ありのまま」

 

舞さんは「私たちは飛べる。」

 

ベジは「すべて、うまくいく。」

 

 

みんな、それぞれにそう書いた理由を話し合った。

それぞれに、互いに腑に落ちていたと思う。

 

 

We are the TEAM...

 “FLY HIGH !!!!”

 

 

そして

願いをこめて絵馬を飾る様子 


【FLY HIGH Vol.2】[DAY3] 願いをこめて、@Wat Rong Khun

 

 

あえて、みんなが飾ってないとこを選んだ。

 

ゆらゆら揺れる、“FLY HIGH”。

 

 

出口の方でも、というかどこもかしこも撮影スポット

 

 

なんか、仮面ライダーみたいなのいた!

 

 

ちなみにこの後ライダーと肩組んだら係りの人に怒られた!笑

 

 

中心街へ戻り、腹ごしらえ。

ゲストハウスが多い通りへ行って、パッタイがあるとこ探して行ってみた

 

 

が!ここのはあんまり美味しくなかった…!笑

 

 

休憩のため宿に戻ったら、

オーナーが「ポータブルナビ用の充電用のケーブルがあったよ」と渡してくれた。

 

 

ちなみに、わんわんの携帯でオフラインでもナビができるからポータブルナビは正直あんまり必要なかったんだけど、

ベジが日本から持ってき忘れてしまった、モバイルバッテリーの充電用の端子と合うやつだったので個人的にすごくテンション上がった!!

この宿、なんでもありかよ!!!笑

そして、必要なものが向こうからやってくるこの感じ…

 

『やっぱり導かれてる…?』って思った。

 

 

 

そして夕方からはこの日のメインイベント!

「さくら寮」へ!

sakuraproject.org

 

 

ここ「さくら寮」は、舞さんがこの2年前の旅でトランポリンを担いで訪れた場所で、

周辺国からタイ北部へ移り住んできた山岳少数民族の子たちがタイの学校に通うための寄宿舎。

 

舞さんが代表の三輪さんと連絡をとり、

「チェンライに来たからには、もう一度訪れてマリーにプレゼントする前に、

さくら寮の子どもたちとまたトランポリンで遊ばせてください!」という話になっていたのでした。

 

 

ひと休みして、

トランポリンを担ぎ、さくら寮のこどもたちを笑わせに!

 

いざ出発!!!

(๑ÒㅅÓ)ノ

 

 

 

こんな風にトランポリンの脚や台になる部分を各自分担して抱えたり背負ったりして運んだよ

これは多分向かう途中の信号待ちの時で、わんわん撮影だね

 

 

 なんだろう、どうでしょう感あることない?

 

 

前を行く舞さんわんわんペア

わんわんがトランポリンの脚になる部分を抱えてる

 

 

この後さくら寮付近でしこたま迷ったけど、

一瞬『これ…帰るやつ…なのか?』ってなったけど、笑

三輪さんがくれたメッセージのおかげでなんとか辿り着けた!!

 

 

三輪さんはじめ、さくら寮のスタッフや卒業生(今はタイのお役人さんだとか!)に混じって、いっしょに夕飯をいただいた。

 

その後…

 

 

ホールにこどもたち全員集合〜!!! +。:.゚ヽ(*´ω`)ノ゚.:。+゚

 

 

そして組み立てはみんなでいっしょに!

これがものすごい大事なんだって、舞さんが言ってた。

うん、ほんとそうだった。わくわくするんよね。(((o(*゚▽゚*)o))) 

 

 

設営ができ、まずは舞さんからの挨拶

 

この時はまだちょっと距離があるねえ笑

 

年上の子たちにも、飛び出してのケガを防止するためサポートしてもらう 

 

 

 

こども王子ベジが、リトルプリンセスエスコート。

(みんなしてシャイなもんだから、こんな感じで次々に拉致ってった)

 

さくら寮でぼくはひとつだけ後悔があって、

自分からはやろうとしない小さな女の子のことを「飛ぼうよ♪」って誘ったんだけど逃げてったから、おどけながら追っかけてったんだけど、

恥ずかしいのか怖いのか(またはその両方か)、ひとりだけ、その子を泣かせてしまった…。

この時はまだ「ごめんなさい」ってタイ語を知らなかった。

ついにはホールを出てってしまって、他の子がフォローに回ってくれて「だいじょうぶだよ」って合図してくれたから任せたんだけど。

あとで三輪さんに、あの子にぼくが謝っていたと伝えてください、と頼んだ。

本当にそれだけが心残り。(次はおもきし笑顔にする!)

(´•̥̥̥ ·̭ •̥̥̥`)

 

 

以下動画!

 

※画質には目をつむってほしい…YouTube経由でないと動画埋め込みできないんだけど、YouTubeにアップすると画質が劣化してしまうのです…。ということで、埋め込みのままでの視聴推奨!

 


【FLY HIGH Vol.2】[DAY3] みんなでトランポリンその1 @さくら寮

 


【FLY HIGH Vol.2】[DAY3] みんなでトランポリンその2 @さくら寮

 


【FLY HIGH Vol.2】[DAY3] みんなでトランポリンその3 @さくら寮

 


【FLY HIGH Vol.2】[DAY3] みんなでトランポリンその4 @さくら寮

 


【FLY HIGH Vol.2】[DAY3] みんなでトランポリンその5 @さくら寮

 


【FLY HIGH Vol.2】[DAY3] みんなでトランポリンその6 @さくら寮

 


【FLY HIGH Vol.2】[DAY3] みんなでトランポリンその7 @さくら寮

 


【FLY HIGH Vol.2】[DAY3] みんなでトランポリンその8 @さくら寮

 


【FLY HIGH Vol.2】[DAY3] みんなでトランポリンその9 @さくら寮

 


【FLY HIGH Vol.2】[DAY3] みんなでトランポリンその10 @さくら寮

 


【FLY HIGH Vol.2】[DAY3] みんなでトランポリンその11 @さくら寮

 

上記の動画キャプチャ集

 

全員分じゃないけど、こんな感じでした!

ねえこれ、見てるだけで楽しくなってこない?

 

そして最後は文字通りの大・団・円!!!

(あ、一番左端が代表の三輪さん!三輪さんも飛んだのよ) 

 

この会でずっと撮影係に徹してくれたわんわんも入っての一枚!(ベジ撮影)

 

 

三輪さんから「よかったら書いていってください」と渡された、来訪者向けのゲストブックにみんなで寄せ書き。

 

 

トランポリンは分解してまたまとめたのだけど、

さくら寮は今回の宿とマリーの村へ行く途中に位置していたので、翌日マリーの元へ向かう時にピックアップできるよう、そのまま一晩ホールに置かせてもらえることになった。ありがたや!

(運べるけどやっぱでっかいしちっと大変なのですよ)

 

 

帰り道、

宿に戻って各自シャワーを浴びて、ぼくはビールを買い貯めたビールをゴキュゴキュして。

ベジわん部屋でこの日(特にさくら寮)の写真や動画の上映会をして。

 

そして翌日のプレゼント大作戦決行のための最終作戦会議をした。

  

その中で、

 

「ただ持ってくだけよりかは、言葉が通じた方がよくない?」

 

となって、

 

舞さん曰く(彼女の著書にもあるが)、

「2年前は『トライバナ〜』ってのが、『こんにちは』か『ありがとう』みたいで通じてたよ〜」とのことだったが、

もっとたくさんわかるといいよね!ってことで

 

「首長族 あいさつ」等をGoogleで調べてみた!

 

が、探せど探せど、辞書的に使えそうなものがヒットせず…。

 

そこで、

マリーは首長族、正式な名前はカレン族っていうんだけど、

「カレン語」で検索してみたら、ヒット!!!

 

ameblo.jp

 

 

さらに、

同じ方による、もっとたくさん単語が載っているものを発見できた!

www.canpath.jp

 

 

これで、

単語の響きで語呂合わせとかして、みんな

ベジが出題者になって、日本語を言ってそれのカレン語を答えるクイズ大会に。

 

チームFLY HIGHとしては非常に大事な大事な

 

「飛ぶ」=ジュ

「空」=ムコー

 

なんかは一瞬で覚えた。

 

そのほかの言葉も、

 

『話したい、たくさん心を通わせたい!』

 

って目的があったせいで余計にだったんだと思う。

 

みんな、すごい勢いで覚えていった。

 

シチュエーション的に重要そうに思えるものはほぼ完璧!と言える状態になって、

随分と時間も遅かったし、本番を万全の状態で迎えるため、もう休むことにした。

 

響きがきにいった、

 

 

「ミモラムム〜」(おやすみ)

 

をお互いに言い合って。

 

それでも、

結構飲んだはずだけど、ぼくはどきどきして、すぐには眠れなかった。

 

 

次回はいよいよチェンライ3日目、プレゼント作戦決行の日!!!

果たして、マリーには会えるのか???

(; •̀ㅂ•́)و

 

乞うご期待!!!(๑ÒㅅÓ)ノ

 

つづく!!!!