読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レクリエ日記(仮)

こどもが大好きで、こどもと遊ぶことを通して彼らの「生きていく強さ」を育てたい『こども王子/こどもの笑顔クリエイター』、 「ベジ」こと浅野暁彦のブログです。

終わらない、続いていくサバイバル

ぼくは人に相談をされることがわりとあるように思います。

頼まれてないのに、ぼくの方から首をつっこんでしまうこともよくある。

自分を頼りにしてもらえるのはありがたいですね。

 

 

俺って優しいだろ〜?相談に乗るの上手いんだぜ〜?とか自慢をするつもりはありません。

たぶん、ものごとの本質を追求し、問題や課題を解決するのが単純に好きなんだと思います。

 

それに、

得意なのはプレッシャーかけて理詰めで相手を追いこんでいくスタイルなので、

むしろ全っ然、優しくない。笑

相手にキレられることもしばしば…。笑

 

しいて言えば、

乗りかかった船にはそれがタイタニック号だろうが乗り込んで、

一度乗ったら相手が答えを見出せるまで最後まで向き合うから、

そのへんを信頼してもらえてるのかな、と。

 

 

それでここ数日、相談を受けることがまた頻繁にあって。

 

 

悩んでる相手に

「で、結局自分はどうしたいの?」

って訊くと

「これこれこうしたい」って答えはわりとかんたんに出てくる。

 

「じゃあそうなるようにしたら?そこに至るために必要なことをやってみたら?」

って言うと

 

「そんなのムリ!」って言う。

 

「できるわけがない!」って。

 

「どうしたらいいかわからない」と言って悩んでいる人ほど、

もう答えが出てるのに、

 

なぜか「そこに向かっていくことはしません!」って断固とした意思表示をする。

 

 

「できるわけがない」。

 

そう決めつけているのは誰?

自分でしょ?

可能性に自らフタをしてしまっている。

自分の可能性を、認めてない。

 

あなた、自分に失礼だろ!と思う。

 

自分で自分を裏切ってるのに、

自分で自分を傷つけてるのに、気づけないの?と。

 

 

自分の人生を、

受け身になって誰かから「やらされる」役務とするのか、

能動的に、自分で自分を「活かしていく」ゲームとするのか。

自分を鼓舞して、踊るように理想の場所に連れていってあげたらいいと思う。

 

それを決めるのは自分だ。

他に誰がいるっていうの?

 

選べよ、と。

踊らされるのでなく、踊れよ、と思う。

もう少し正確にいうと『いっしょに踊ろうぜ!』かな。 

 

 

自分が決めて、自分で立ち向かうために。 

自戒をこめて自分と、今ボロボロになって立ち止まってしまっている人たちに、

ぼくの好きな人ふたりの、それぞれの「決め」の言葉を置いておく。

 

 

「人生は続く。」

 

 

「今日も生き抜こう」。