レクリエ日記(仮)

こどもが大好きで、こどもと遊ぶことを通して彼らの「生きていく強さ」を育てたい『こども王子/こどもの笑顔クリエイター』、 「ベジ」こと浅野暁彦のブログです。

初陣'その3

前回 

recrea.hatenablog.com

からの続き

 

午前中おもいきり遊んでおなかがすいたところでお待ちかねのお昼ごはんタイム!

 

Wさんオススメの自然食レストランのテイクアウトで、お弁当を買ってきていただきました。

そしてベジの分は完全ベジ仕様!(肉、魚介類、乳、卵なし)

ありがたい!

野菜の天ぷらがいっぱい!大好きなのでうれしかった〜(๑´ڡ`๑)

 

Wさんのだんなさんも合流してみんなでごはん。

おみやげ(?)の高級生ハムを何種類も、みんなで「うまいうまい」連発してました。

ぼくはもちろん食べられなかったけど、笑

外で&みんなで食べるごはんはそれだけで最高だと思います。

 

はらごしらえがすんだら

こちらもお待ちかねの水遊び!

 

ということで移動した先には…

f:id:akatsuki_jp:20150903004726j:plain

 

小さな滝と水路がありました!

f:id:akatsuki_jp:20150903004717j:plain

 

サンダルを脱いで入ってみるとこれが…冷たい!

 

湧き水なのかな?汲み上げてるのかわからないけど、

とにかく冷たくて30秒も足を入れていると冷たいのを通り越して痛くなってくるくらい。

 

 

こどもたちは水着持参で着替えて…

 

最初はおそるおそる…

f:id:akatsuki_jp:20150903004720j:plain

 

 足だけつかってみる

f:id:akatsuki_jp:20150903004724j:plain

 

 そのうち慣れて本格的にバシャバシャと「水遊び」しだす f:id:akatsuki_jp:20150903004721j:plain

↑ 滝のてっぺん。↓ ここから水がわんさか湧き出てきてる 

f:id:akatsuki_jp:20150903004728j:plain

 周りの子たちもみんな滝のてっぺんに集まり出す

f:id:akatsuki_jp:20150903004725j:plain

滝行。(ニンニン)

f:id:akatsuki_jp:20150903004723j:plain

  

なんでもおもちゃになる

f:id:akatsuki_jp:20150903004712j:plain

「なぜかそこにあったヒヤロン(保冷剤)のおかげで水が冷たい」という設定で、

流されていく「ヒヤロン=伝説の秘宝」を滝のてっぺんに返すアドベンチャーごっこをしたり

 

こどもたちがレジ袋でつくった水爆弾(?)をぼくにぶつけようとするので、全力で逃げ回ったり
(※この間ベジはずっと裸足なのでたまに石のとこ踏んづけて痛いけど楽しいから気にしない)

 

 

ひとしきりはしゃぎまわった後は、おやつタイム!

レジャーシートに皆で座っておやつを食べました。

 

滝のあたりから見える芝生の広場の一部が丘状になってて、

それを見たこどもたちは「上から滑りたいね〜」なんて話をしていました。

 

『おしりに敷くもの、段ボールでもあればいいなあ』と園内の売店にもらいにいくも「捨てた後で無い」とのこと。

ざんねん!

 

小腹を満たすと、こどもたちみんな

 

 

もう一回バスケしたい!」

 

 

ということで再びコートへ。

それで少しバスケしてたら…

 

 

「もっかいフリスビーもしたい!」

 

 

ということで、笑

 

フリスビーを再開。

フリスビー、気に入ってくれてベジさんとってもうれしいです(´-`)✧

 

 

その間、Wさんが芝生に寝そべり(スナイパースタイル)で、はしゃぎ回るぼくらをファインダーに収めていました。

 

 

貸切状態の草原をめいっぱい使って遊ぶぼくら。

 

iPhoneの他に三脚とカメラ持って定点録画してもよかったかもなあと後から思いました)

 

 

「もう5時だよ〜、そろそろ帰ろう〜」

 

 

 

Wさんが遠くから声をかけてきました。

 

体感的に『3時かせいぜい4時くらいだろう』と思っていたので、ちょっとびっくり。

ほんとうにあっという間だった!

 

フリスビーをしていた草原でみんなで記念撮影をして、帰路につきます。

(駐車場に行くまでにやっぱりあちこちにあるセミの抜け殻が気になってしょうがないこどもたち。笑)

 

 

車の定員の都合上、Kさん、KちゃんとNちゃんとは駐車場で別れ(ハイタッチ!)、

Wさんにまた駅まで送ってもらいます。

 

KくんRくんと即席の変則にらめっこゲームをしていたらあっという間に駅に着いてしまいました。

ここでもこどもたちと「またね〜!」とハイタッチ!してお別れしました。

 

ぼくはお別れの挨拶は「またね〜」が好きです。

「また会う」のがいいなあって思うからです。

 

 

皆と別れ、帰りの電車に乗っている間も胸がわくわくして。

思い出し笑いでずーっとにこにこしていました。

 

ベジのしあわせな余韻は家に帰ってからも続きましたとさ…♪

 

 

お し ま い

 

 

…と思わせておいて

 

初陣' 〜エピローグ へ続く!
↓ 

recrea.hatenablog.com