レクリエ日記(仮)

こどもが大好きで、こどもと遊ぶことを通して彼らの「生きていく強さ」を育てたい『こども王子/こどもの笑顔クリエイター』、 「ベジ」こと浅野暁彦のブログです。

子育て

お助け×1→ 助けられ×2。

またまた前日のご依頼で3歳の女の子のベジーシッターしてきたんだけど、 たまたまそのおうちに来てた4歳の男の子もいっしょにお預かりすることに。 そんで近くの公園に行ったんだけど、のっけから事件発生。 おじさんが二人ベンチに腰掛けてるなーってのは…

我が子を信じる時の注意点

「こどもを信じようとする」こと。 すてきなことだと思う。 ただし、注意が必要。 なぜならそのやり方次第では、関わる人全員がアンハッピーになりかねないから。 結論から言うと、 信じるなら その子の「行動」でなく、「存在そのもの」を信じること。 例え…

こどもの言葉を鵜呑みにしてはいけない

こどもの言葉を鵜呑みにしてはいけません。 ただしそれは、「こどもの言葉なんて信用に値しない」ということでは決してありません。 「四角四面に、額面どおりに受け取ってはいけない」ということです。 彼らの感情が昂ぶっている時の言葉ならなおさら、です…

子育てに正解なんてないからこそ、「ヒント」くらいはほしいよね。

最近知ってめちゃいいなと思った、子育てに関するあれこれを発信されてる方をご紹介。 はせ@子育てアドバイザー さん。 ベジは全ツイ通知する設定にしてるんだけど、 iPhoneの画面を眺めながらほぼ毎回「ほんまそれな!」とヘドバンしてます。 ↓ Tweets by …

あなたの手のぬくみ。ぬくもりの味。

偶々、久しぶりに見た清田いちるさんのツイートがタイムリーだった。 ↓ 幸せは当たり前のような顔して一瞬やってくるので、つい当たり前のように受け入れてそのまま流してしまいがちだけど、「これ、幸せってやつだ!」と気づいたときは、その瞬間をできるだ…

勝ち組になろうとしたら、負け。

あんまり、ものごとを勝ち負けとかグラデーションのないもので単純に断じたくはないんだけど、 ぼくはこどもたちの「生きる力」「生きていく力」を育てたいと思っていて、 それについて説明するのにわかりやすいかな?と思ったので「勝ち負け」を使ってみる…

【3/24(日) 】「しあわせな子育て」についてみんなで考えてみないかい?【再告知】

もっかい、おしらせ〜 ( ´ ▽ ` )ノ ベジのひさしぶりの講演、今週末にありまーす! まだ席ありますよー! (੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु⁾⁾ あ、今回は TSUNAGARI UNITED(ツナガリユナイテッド)さんの主催で、 なんと、参加費無料です! (((o(*゚▽゚*)o))) 講演っていっても、…

こどもの信じ方を忘れた大人たちへ

世のママさん、パパさん。 今あなたはこう思っているかもしれない。 『この子はこんなふうで将来だいじょうぶなんだろうか?』 だいじょうぶだよ。 こどものことが信じられないのは、 こどものせいじゃない。 こどもに問題があるからじゃない。 こどもに問題…

こどもは要らんことするのがしごと。

見渡す限り海しかないフェリーの上からこの記事を書いています。 …暇だよ。圧倒的に暇だよ。 なぜってインターネットが使えないから。今回の航路ではほとんどの区間で陸から離れすぎているため、ぼくが使っているモバイルルータの電波が全然届かないのですね…

笑顔の花、「もうひとつの家」。

もう一昨年になるけど、 Facebookでとあるママさんが「だれかたすけてー!すこしでいいからこどものことみてくれませんかー!」と声をあげているのをききつけ、 お子さんと遊ばせてもらいに長野へ飛んでいったのがきっかけで知り合った、茅房栄美さん。 彼女…

不登校、無問題。

「こどもは学校に行かなければ(親は行かせなければ)ならない。なぜなら『義務教育』だから。」 真面目な親御さんほど、そう思い込んでいたりする。 それ、根本から間違ってますよ。 (`・ω・´) こどもには教育を受ける義務はなく、教育を受ける権利があるんで…

あなたが、愛だ。

昨日の記事の、とある「お父さん」とは、初対面のとある社長さんで。 ご縁があって、武蔵小杉にある某店でお酒を飲んでたんですね。 お子さんが3人いらっしゃるとのことで、 ぼくの活動(ベジーシッターとかお父さんバンク)はどういう経緯で始めたのかとか…

神の視点で見た、父の視線。

とある人の「父の視線 」に触れて ふと思い出したやつを。 ↓ www.facebook.com #世界中のトーチャンたちありがとう

【3/24(日) 】「しあわせな子育て」についてみんなで考えてみないかい?

はい!情報解禁です。 ベジ、久しぶりの講演やりまーす! ( ´ ▽ ` )ノ 講演っていっても堅苦しいものにするつもりはありません。 ぼくが主役で一方的に話すんじゃなくて(ぼくはそれあんま好きじゃない(´・ω・`))、 「みんなが主役」なの。 以前からやってる通…

親子間の不毛な争いはもう終わりにしよう

出張シッターをやってると、子育て相談をよく受ける。 都度ヒアリングをして、その人にちゃんと伝わるように言葉を選んで話してるけど、 結局のところ、ぼくが伝えたいこと、伝えることはたったひとつだ。 『相手のことを、ひとりの人間として認め、同じ目線…

目を見て語り、背中でも。

『やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ』 有名な言葉ですよね。 ほんこれだよなあと思っていたけど、 今日の記事タイトルのテーマで連想してふとググってみたら なんと、続きがあった。(知らなかった!) ↓ 『話し合い、耳…

こども同士のケンカを解決する、たったひとつの「地味な」やり方。

ぼくはこどもと遊ぶのももちろん得意だけど、 こども同士のケンカを解決するのもめちゃめちゃ得意です。 どうやるのかって? まあ、ちょっと考えてみてください。 ひとつずつ、ヒントを出していきましょう。 まず、 ・決して特別な「テクニック」ではありま…

虹の学校からのおたより

年が明ける前だったけど、一通の見慣れない切手が貼られた封筒が郵便受けに入ってた。 タイの国境付近の街サンクラブリにある、ぼくの大好きな『虹の学校』から年賀Air Mailが届いたのです。 ※無事成功した虹の学校のクラウドファンディングではお世話になり…

「いい子にしてなさい」って何?

こどもに対して、 「いい子にしてなさい!」 「いい子にしてたら〇〇してあげる」とかって、 あれ、何なんだろう。 「いい子」とは。 「これこれこうだ!」って答えられる人って、いる? 答えにつまる人って多いんじゃないだろうか。 「(お行儀の)いい子」…

こどもたちにあらかじめ「答え」なんて用意しないで。与えるなら、「問い」を。

遊んでばかりじゃダメだって こどもの時だけなんだって 大人にならなきゃダメだって 大人はこうあるべきだって 社会は厳しいものだって ことあるごとに「どうせ無駄」って あの手この手でみんなして 『明日も笑っていたい』って 生きてく力奪っといて 「若者…

『17歳の地図』を、あなたは捨てずにまだ持っていますか?

数日前、【お父さんバンク】を通じて、いつもとは違ったうれしいご依頼をいただきました。 メッセージをいただいたのはシングルマザーの方で、 「17歳の息子と、友達感覚で相手をしてほしい」 とのこと。 ついに…来たっっ!!! ( •̀ㅂ•́)و 託児のニーズっ…

虹を継ぐもの 〜タイ『虹の学校』の未来をリ・クリエイト〜

こどもの笑顔をつくる人が好きです。 こどもの笑顔を守るひとが好きです。 「今、この世界」が一枚のキャンバスの絵だとして。 ぼくら大人が描いたそれを次の世代にリレーしてもらってくわけで。 「ほら、これをこのまま引き継いでいくんだ」なんてこどもた…

「フロム・ザ・ダディ・バンク・オブ・ザ・ウィッシュ」かー!(※「お父さんバンク」について)

「これから」のベジーシッターの番外編として、 「お父さんバンク」のことを紹介させてもらいます。 今ベジはこの「お父さんバンク」なる仕組みづくりのメンバーに加わっています。 コンセプトは 「得意技」を持て余しているお父さんと、それを必要としてい…

「これから」のベジーシッターの話をしよう

前回 recrea.hatenablog.com からの続き。 個人による出張シッターという概念、そしてそれによってこどもを中心に家族の笑顔が増えるというイメージ。 それらの「広がり」という点と、 「アンパンマンになりたい」というぼくの夢。 そのふたつが、「このまま…

「これまで」のベジーシッターの話をしよう

Facebookでは先にお知らせしていましたが、ぼくのライフワークである「全世界出張型ベビー/チャイルドシッター」について。 これまでの「交通費のみいただければ報酬は不要(おきもち/ドネーション制)」というスタイルから、料金制、つまり「ビジネス」に…

「だいじょばない」こと、なくし隊

こないだ、所属していた放課後等デイサービスにお菓子を買ってあらためて挨拶に行ってきた。あらためて挨拶といっても結局 「おつかれさまでーす、あ、お菓子買ってきたよー( ´ ▽ ` )ノ」 みたいな感じで、自分が勤務していないというだけで、気持ちのつなが…

「あなたは、だいじょうぶ。」 ~あなたに捧ぐ、ぼくの大マジなおまじない

先日「卒業」した放課後等デイサービスの最終出勤日の帰りの会で 少し時間をとっていただき、こども達に挨拶をさせてもらったのだけど、 当日利用でない子たちには直接挨拶ができないままになってしまった。 何度か顔を出してこどもたち全員に挨拶させてほし…

What a Wonderful World. 〜 子の「支配」からの、卒業

いくつか勤め先や運営会社が変わったりしながらも、 足かけ5年以上続けていた放課後等デイサービスを辞めました。 別のとこに移るとかいうことはなく、完全に「卒業」です。 理由はいくつかあるけど、 主な理由は、 ぼく自身がやりたい方向とのベクトルが違…

代々木〈らい〉おっと! その10 (最終話)

前回はこちら。 ↓ recrea.hatenablog.com --- 「(肩車が怖くていやなら)おんぶしたげよっか?」と聞くも、 ブンブン (((`・ω・´) 三 (`・ω・´))) と首を横に振る來樹くん。 残り少ない体力を気力でカバーして歩く! (ていうかどんどんテンション上がって元気…

代々木〈らい〉おっと! その9

前回はこちら ↓ recrea.hatenablog.com 橋の上からは小さなステージが見えて、 そこではバンドがなんだかウキウキする音楽を演奏していました。 來樹くんも気になったようで、しばし見入っていました。 來樹くん「じーーーっ」 そのうち、ステージの向こう側…