レクリエ日記(仮)

こどもが大好きで、こどもと遊ぶことを通して彼らの「生きていく強さ」を育てたい『こども王子/こどもの笑顔クリエイター』、 「ベジ」こと浅野暁彦のブログです。

待ち人来たら、ずっと。

バイクで郵便局へ行きヘルメットのシールド部を跳ね上げた状態で被ったままATMの列に並んでたら、ぼくの前にママさんと待ってた女の子がぼくのことをすっごい興味深そうに見てきた。( ´ ▽ ` ) これはベジの日常的にはあるあるで(そしてうれしい)、ヘルメッ…

愛想笑いは装える。でも、愛と笑いがあふれる、そんな寄る辺もきっとある。

目の前に泣いている人がいると悲しくなる大好きな人を虐げた奴を許したくなくなる俺の大切な人をよくも泣かせやがったなと 「世界」以外に名前も顔も体温すらもない欠片も優しくない「誰か」に復讐をせんと湧いて沸いた殺意とそれに塗れてしまった欠片も優し…

ベジがラジオに出たってよ

風邪をひいて、ここ数日おふとんさんとほぼ同化しウンウン唸り声をあげていたベジです。_:(´ཀ`」 ∠): ようやく悪寒が引いてきてだいぶ楽になりました…。熱はなかったしインフルではなかったっぽいけど、変な風邪でした。(;ÒㅅÓ) さて、先日ゲスト出演(収録…

【2/14】あなたのまんなかにかならずたどりつくセッション

【あなたのまんなかにかならずたどりつくセッション】 またやりまーす!( ´ ▽ ` )ノ 毎度告知が急だけど、 これでも前よりは早いんだぜ…?笑 (前回は前日) ぼくがやっているセッションは、あなたが「ほんとうに」言いたいこと、「あなた自身」があなたに氣…

WOW WOW FLIGHT 〜時には起こせよムーヴメント(ベジ、全国ツアーするってよ)

イベント…というか「ツアー」のお知らせです! しかも、「全国ツアー」! 題して、 【旅するトランポリン】FLYING KIDS TOUR 〜 ベジ JUMPる with T(Trampoline) 「こども王子/こどもの笑顔クリエイター」ベジが、直径3mの大型トランポリン「トラ男」と一…

さよならリグレット 〜ぼくにはまだやれることがある、という希望

三が日が終わった後、ずっと待ってた状況がやってきて、ここぞとばかりに全力を尽くしたんだけどどうにもうまくいかなかった。 その後ぼくの傍に寄り添ってくれてたやつもいるんだけど、どうやらそいつの名前は「無力感」というらしい。 三が日のコースを自…

キセキの軌跡 〜ぼくらがタイへ旅に出た理由 【DAY 4】

前回はこちら! ↓ recrea.hatenablog.com 2016年12月22日(木)(チェンライ3日目) 前の夜はドキドキわくわくして寝つけなかったけど、 一日の疲れとアルコールも手伝って、いつのまにか眠りに落ちていた。 朝。 運命の朝。 ドキドキはおさまっていた。 た…

【12/20】あなたのまんなかにかならずたどりつくセッション【たぶん年内最後】

まず最初に言っておくね。 イベントやるんだから広く知ってほしいはずなのに、 なんでブログ使わなかったんだろう…!!! バカ!おれのバカ!!泣 明日だよ!!! (´;ω;`) 以下、本文です!!! ↓↓↓ 【あなたのまんなかにかならずたどりつくセッション】 …

キセキの軌跡 〜ぼくらがタイへ旅に出た理由 【DAY 3】

前回はこちら! ↓ recrea.hatenablog.com 2016年12月21日(水)(チェンライ2日目) ぼくひとりだけ目が覚めた。 部屋の中だとWi-Fiの電波が届かないのと、 事前にオーナーから聞いていて、フリーでコーヒーが飲めるとのことだったので、受付の方へ。 受付…

キセキの軌跡 〜ぼくらがタイへ旅に出た理由 【DAY 2】

前回はこちら!recrea.hatenablog.com 2016年12月20日(火) 前夜バンコクのMo Chit 2 バスターミナルを出発して11時間ほど。早朝、チェンライバスターミナル2に到着! この街のもう少し先に、マリーがいる…!! 野良犬?の黒ラブとなかよしのおじさん 【FLY…

キセキの軌跡 〜ぼくらがタイへ旅に出た理由 【DAY 1】

以前の記事 recrea.hatenablog.com の続きです。 前回はタイ初訪問に至るまでの経緯をざっくり書きましたが、その本編をようやっと書き始めます! 初めての、タイ。 それは「世界を笑顔でつなぐ旅」をする石原舞さんにぼくを含め4人で同行して、 タイ最北部…

STORY WRITER 〜想いを届けたいのなら、「伝わる」ように伝えよう〜

知ってたつもりだったけど、 わかってはいなかったこと。 この広いインターネッツをご通行中の皆様、 何度も言わせていただきます。 ぼくは 「こどもと遊びたい」し、 それを通して 「彼らの(本当の意味での)『生きる力』を育てたい」し、 「世界中のこど…

俺ファースト and the ギブギブ気味ーズ 〜ギブとテイクと循環と〜

今日も実体験を元に考察するシリーズ(?)、 今回は「ギブ&テイク」と循環について。 同じギブとテイクであっても、 うまくいく形とそうでない形がある、という話。 順番に挙げていこう。 【ギブ&テイク】 与えると、もらえる。 もらったら、与えたくなる…

憧れだけじゃ本当は何も見えないなって思うから

「望み」の話。 思いがけず、望みが叶ってしまうということはままあると思う。 漁夫の利、棚ぼた、勿怪の幸い。 そういったもの。 それはそれでLuckyってことでいいんだけど、 より強い望み、 「願い」とも呼べるものは、「正しく」願わないと「正しく」叶わ…

「フロム・ザ・ダディ・バンク・オブ・ザ・ウィッシュ」かー!(※「お父さんバンク」について)

「これから」のベジーシッターの番外編として、 「お父さんバンク」のことを紹介させてもらいます。 今ベジはこの「お父さんバンク」なる仕組みづくりのメンバーに加わっています。 コンセプトは 「得意技」を持て余しているお父さんと、それを必要としてい…

「明朗会計 べジーシッター!」(料金について ※改訂版)

(※改訂、追記した箇所は色付きにしてあります) 「これから」のベジーシッター、 今日は料金についてお知らせします。 あとなんでこうしたのかってのもちょいちょい説明していきます。 まず改訂について。 ここが一番重要なとこなんだけど… ドネーション制…

「これから」のベジーシッターの話をしよう

前回 recrea.hatenablog.com からの続き。 個人による出張シッターという概念、そしてそれによってこどもを中心に家族の笑顔が増えるというイメージ。 それらの「広がり」という点と、 「アンパンマンになりたい」というぼくの夢。 そのふたつが、「このまま…

「これまで」のベジーシッターの話をしよう

Facebookでは先にお知らせしていましたが、ぼくのライフワークである「全世界出張型ベビー/チャイルドシッター」について。 これまでの「交通費のみいただければ報酬は不要(おきもち/ドネーション制)」というスタイルから、料金制、つまり「ビジネス」に…

南の国から'17夏〜(これから始まる何かのプロローグ)

ご無沙汰しております。 ブログ「書く書く」詐欺すらしなくなったベジです。 こうして書くのも何度目かわかりませんが、更新を楽しみにしてくれてる方、ごめんなさい! 本当に久しぶりの更新ですが、 今、人生で2度目のタイに来ています。 理由はいくつかあ…

どこにでもあるような家族の風景

昨日もベジーシッターしてきて、とてもすてきな日になった。 夜帰宅しベッドに入って眠る前に『いつにも増してこんなあったかいきもちになったのはいったいなんでだろう?』と、一日を振り返って分析してみた。 したら、分析というほどのことでもなく、すぐ…

「風前の灯火」よりも、「風船の灯火」になろう。

わかり始めたmy revolution. 昨年10月頃から、自分を取り巻く環境が変わりだした。自分が以前よりも「動き出した」ことが大きいように思う。また、それは自分をよりオープンにして人に会い、想いを伝えていったことと無関係ではないように思う。 何をしたっ…

「だいじょばない」こと、なくし隊

こないだ、所属していた放課後等デイサービスにお菓子を買ってあらためて挨拶に行ってきた。あらためて挨拶といっても結局 「おつかれさまでーす、あ、お菓子買ってきたよー( ´ ▽ ` )ノ」 みたいな感じで、自分が勤務していないというだけで、気持ちのつなが…

「あなたは、だいじょうぶ。」 ~あなたに捧ぐ、ぼくの大マジなおまじない

先日「卒業」した放課後等デイサービスの最終出勤日の帰りの会で 少し時間をとっていただき、こども達に挨拶をさせてもらったのだけど、 当日利用でない子たちには直接挨拶ができないままになってしまった。 何度か顔を出してこどもたち全員に挨拶させてほし…

What a Wonderful World. 〜 子の「支配」からの、卒業

いくつか勤め先や運営会社が変わったりしながらも、 足かけ5年以上続けていた放課後等デイサービスを辞めました。 別のとこに移るとかいうことはなく、完全に「卒業」です。 理由はいくつかあるけど、 主な理由は、 ぼく自身がやりたい方向とのベクトルが違…

かはたれ?(わたしの、かたわれ。)

今回書くのは悲しかった話で、 楽しい話ではないし、 いつも以上に乱文で、 基本的に吐き出したいだけで、 八つ当たりみたいなものなので、 気にされる方はこの先は読まないでください。 --- 先日、楽しみにしていた【秘境祭】という友人が主催する音楽フェ…

アトガキ。

「こどもと一日遊ぶサーヴィス」のレポート史上、最長となった 『代々木〈らい〉おっと! 』のシリーズをようやっと、終えることができました…。 ↓ recrea.hatenablog.com シリーズの途中、1ヶ月ほどブログを更新していなかったのですが、 (楽しみにしてい…

代々木〈らい〉おっと! その10 (最終話)

前回はこちら。 ↓ recrea.hatenablog.com --- 「(肩車が怖くていやなら)おんぶしたげよっか?」と聞くも、 ブンブン (((`・ω・´) 三 (`・ω・´))) と首を横に振る來樹くん。 残り少ない体力を気力でカバーして歩く! (ていうかどんどんテンション上がって元気…

代々木〈らい〉おっと! その9

前回はこちら ↓ recrea.hatenablog.com 橋の上からは小さなステージが見えて、 そこではバンドがなんだかウキウキする音楽を演奏していました。 來樹くんも気になったようで、しばし見入っていました。 來樹くん「じーーーっ」 そのうち、ステージの向こう側…

代々木〈らい〉おっと! その8

前回はこちら ↓ recrea.hatenablog.com --- 「号泣リターンズ」からの展開はことのほか早かった。 それまで「ママが傍にいない」という現実を受け入れたくないがために、 (もちろん意識してそうしていたわけではなく、そうすることしかできなかったのだが、…

代々木〈らい〉おっと! その7

前回はこちら ↓ recrea.hatenablog.com --- 來樹くんが気を失うように眠りに落ちて小一時間。 いかな2歳児とはいえ、ずっと抱えたままだとだんだん腕や尻がしびれてくるので、 (エスカレーターの手すりのようなベンチで、そもそも長時間座る想定をされてい…